天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

岐阜、点滴死亡事故で和解/県立多治見病院が謝罪

2018/09/12 11:01

 岐阜県立多治見病院(同県多治見市)で昨年4月、点滴のチューブが外れ、入院していた70代の女性が失血死した事故で、遺族が病院に約3800万円の損害賠償を求めた訴訟は12日までに、名古屋地裁で和解が成立した。病院が謝罪し、1700万円を支払う。和解は11日付。

 遺族側代理人は「遺族は賠償金よりも謝罪と再発防止を求めていた」と説明。多治見病院は「改めてご遺族に深くおわびし、再発防止に取り組む」とコメントした。

 事故を巡っては、多治見署が業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査しているが、遺族側代理人は「処罰は求めない」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.