天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

豚の死骸混ぜた堆肥搬入/豚コレラ検出された岐阜市の農場

2018/09/11 17:46

 豚コレラウイルスを検出し、防疫作業が進められた養豚場=11日、岐阜市
 豚コレラウイルスを検出し、防疫作業が進められた養豚場=11日、岐阜市

 岐阜市の養豚場で豚コレラウイルスが検出された問題で、岐阜県は11日、市の獣医師が豚の急死を県に報告した3日以降、養豚場が豚の死骸を混ぜた堆肥を市内にある「JAぎふ堆肥センター」に搬入していたと明らかにした。

 県によると、養豚場では3〜7日、計約80頭が死に、養豚場は死骸の一部をふんと共に堆肥に混ぜ、センターに搬入していた。国の精密検査で9日にウイルス感染が確認されており、この間に死んだ豚は豚コレラで死んだ疑いがある。

 農林水産省は11日、死骸の埋却などの防疫措置が完了したと発表した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.