天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

危険なため池、廃止検討も/広島県、豪雨の復旧復興方針

2018/09/11 12:51

 西日本豪雨からの復旧・復興に向けた基本方針について説明する広島県の湯崎英彦知事=11日午前、広島県庁
 西日本豪雨からの復旧・復興に向けた基本方針について説明する広島県の湯崎英彦知事=11日午前、広島県庁

 広島県は11日、西日本豪雨からの復旧・復興に向けた基本方針を発表した。ため池で亀裂や泥水の漏れが相次いだことを受け、家屋に被害を与える恐れがある場合は浸水想定区域図を作成、ため池の廃止も検討する。砂防ダムの整備や各市町が行う災害廃棄物処理の支援なども盛り込んだ。

 基本方針は被害状況を踏まえたインフラの改良復旧や自主防災組織の育成強化などに取り組むと明記。「地域支え合いセンター」を設置し、被災者の生活支援や見守りを進める。

 生活や経済活動の基盤となる重要道路は本年度内の復旧を目指し、2019年末までに重点地区での砂防ダムの緊急整備を完了する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.