天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

東日本大震災から7年半/津波犠牲者しのび法要

2018/09/11 09:44

 東日本大震災から7年半を迎え、福島県いわき市平薄磯地区の慰霊碑前で開かれた法要で手を合わせる女性=11日午前
 東日本大震災から7年半を迎え、福島県いわき市平薄磯地区の慰霊碑前で開かれた法要で手を合わせる女性=11日午前

 東日本大震災から7年半を迎えた11日、津波で甚大な被害を受けた福島県いわき市平薄磯地区の慰霊碑前で、地元の僧侶たちが法要を開いた。慰霊碑が完成した2017年3月以降、月命日に合わせて開催し、犠牲者をしのんできた。

 地区の寺院近くにある碑には、津波で命を失った約120人の名前とともに「大きな地震が来たらすぐに避難する」との教訓が刻まれている。

 区長の鈴木幸長さんは月命日に海岸近くで手を合わせてきた。各地で災害が相次いだことに「私も自分の身に降りかかると思っていなかった。大災害がいつ起きても助かるように、子どもたちにあの時のことを伝えていきたい」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.