天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

診療報酬6千万円超返還へ、高松/保険医療機関の指定取り消しも

2018/09/10 21:33

 四国厚生支局(高松市)は10日、ミタニ藤田病院(同市)が看護師の数が基準に達していると虚偽申請するなどして、約2824万円の診療報酬を不正請求していたと発表した。記載ミスのカルテなどによる不当請求も約3653万円あり、同支局は計約6477万円の返還を求めた。保険医療機関の指定を来年1月から5年間、取り消す。

 同支局によると、2012年11月〜15年11月、看護職員中の看護師の比率が基準を下回っているのに、基準を満たしたとする虚偽の届け出などを行い不正請求した。

 同支局は資料が不足し虚偽と断定できない分や、カルテの記載ミスは不当請求とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.