天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

茨城・鬼怒川決壊、忘れず教訓に/豪雨水害3年で追悼

2018/09/10 16:39

 関東・東北豪雨から3年となり、犠牲者を悼み黙とうする茨城県常総市の神達岳志市長(左端)ら=10日午後、常総市
 関東・東北豪雨から3年となり、犠牲者を悼み黙とうする茨城県常総市の神達岳志市長(左端)ら=10日午後、常総市

 宮城、茨城、栃木の3県で計8人が死亡した2015年9月の関東・東北豪雨で、茨城県常総市の鬼怒川の堤防が決壊して3年となった10日、住民らが犠牲者を追悼し、「忘れることなく教訓に」。防災への誓いを新たにした。

 常総市では2人が死亡し、総面積の約3分の1に当たる約40平方キロが浸水して5千棟以上が全半壊。豪雨後に12人が災害関連死に認定された。

 同市三坂町の決壊現場では献花や黙とうがささげられ、神達岳志市長は「ハード面の整備だけで安心できないことは、連続する豪雨災害を見ても明らかだ。住民と行政の情報連携など、ソフト対策も一層力を込めなければ」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.