天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

破綻のジャパンライフを提訴/石川の契約者女性7人

2018/09/10 13:12

 磁気治療器の預託商法などを展開し、破綻したジャパンライフ(東京)との取引で損害を被ったとして、石川県内の契約者の女性7人が10日、元役員らに計約8800万円の損害賠償を求め、金沢地裁に提訴した。

 訴状などによると、ジャパンライフは顧客がネックレスやベストなどの商品を購入し、さらにこれらの商品を別の顧客にレンタルすれば、収入が得られるとする預託商法を展開。7人は2017年3〜12月、勧誘を受け、同社や代理店を通して契約を結び、取引をした。

 契約はジャパンライフが既に大きな負債を抱えていたことを隠し行われ、収入は見込めなかったことから、詐欺に当たるとした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.