天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

海外記者が大震災被災地視察/「復興五輪」発信狙う

2018/09/08 18:52

 「女川いのちの石碑」の前で、海外メディアの取材を受けるサッカーチーム「コバルトーレ女川」の千葉洸星選手(左端)=8日午後、宮城県女川町
 「女川いのちの石碑」の前で、海外メディアの取材を受けるサッカーチーム「コバルトーレ女川」の千葉洸星選手(左端)=8日午後、宮城県女川町

 東京都オリンピック・パラリンピック準備局は8日、宮城県女川町などで、海外メディアを対象にした取材ツアーを実施した。大会理念である「復興五輪」の実現に向け、東日本大震災からの復興状況を世界に発信してもらうのが狙い。

 ツアーには、米国やフランス、インドなど13カ国から報道陣24人が参加。須田善明女川町長が、被災当時の写真を示し、被害の大きさや復興への取り組みを説明すると、真剣な表情で聞き入った。JR女川駅や駅前の商業施設も見学。整備が進み、被災当時から大きく変わってきた町の姿に驚いた様子で、カメラに収めていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.