天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

近畿中心に猛烈な雨、気象庁/北海道はピーク過ぎる

2018/09/08 11:05

 日本付近に停滞する前線の影響で、8日は近畿を中心に猛烈な雨が降った。気象庁は、関東から九州は10日にかけて大気の不安定な状況が続き大雨になるとして、土砂災害への厳重な警戒を求めた。北海道の大雨はピークを過ぎたが、地震で激しく揺れた地域では引き続き注意が必要だ。

 気象庁によると、気象レーダーの解析で8日未明、京都市や兵庫県猪名川町などでは1時間に90〜110ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して警戒を求めた。

 前線は10日にかけて日本付近に停滞する。天気が急変し、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうの恐れもある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.