天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

聖路加国際病院の医師逮捕/危険ドラッグ所持疑い

2018/09/08 10:07

 警視庁組織犯罪対策5課と関東信越厚生局麻薬取締部は8日までに、医薬品医療機器法違反の疑いで、聖路加国際病院(東京都中央区)の眼科医越前成旭容疑者(41)を逮捕した。逮捕は5日付。組対5課は越前容疑者の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は9月初旬、都内の自宅で危険ドラッグ若干量を所持した疑い。組対5課によると、越前容疑者は自分で使うためにインターネットで購入したとみられる。

 聖路加国際病院広報室によると、越前容疑者は2002年4月から勤務していた。「事実関係を確認中」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.