天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

岡山・倉敷で仮設入居開始/トレーラーハウス型

2018/09/08 11:19

 建設型仮設住宅への入居者に鍵を引き渡す岡山県倉敷市の伊東香織市長(右)=8日午前、倉敷市
 建設型仮設住宅への入居者に鍵を引き渡す岡山県倉敷市の伊東香織市長(右)=8日午前、倉敷市

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山県倉敷市で8日、被災者の建設型仮設住宅への入居が始まった。県内で建設される312戸のうち先行して完成した51戸が対象。他の仮設住宅でも10月までに順次入居する。

 51戸は、同市船穂町柳井原の市有地に整備されたトレーラーハウス型。市によると、仮設住宅として活用されるのは全国で初めてという。間取りは1DK〜3DKで、入居期間は最長2年間。敷金や家賃は無料で、光熱費などは自己負担となる。

 市によると、豪雨による河川の堤防決壊や氾濫で、同市真備町地区などで5千棟以上が全半壊した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.