天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

刑務所、ドローン巡回/山口、人員効率化期待も

2018/09/08 06:13

 美祢社会復帰促進センターの上空を飛ぶドローン=2017年4月、山口県美祢市(セコム提供)
 美祢社会復帰促進センターの上空を飛ぶドローン=2017年4月、山口県美祢市(セコム提供)

 運営の大半を民間委託している刑務所「美祢社会復帰促進センター」(山口県美祢市)で、小型無人機ドローンによる監視が本格的に始まっている。警備大手セコム(東京)が開発した専用機で、同社によると巡回警備目的でドローンを使うのは全国初。風に弱いという課題があり、現在は監視の補完的な役割だが、法務省幹部は「将来的には人員効率化につながってほしい」と期待する。

 ドローンは、幅57センチ、高さ約22・5センチ、重さ約2・2キロ。センター敷地内の約28ヘクタールを全自動で、あらかじめ設定した飛行経路に従って巡回する。2017年4月に実験を始め、本格運用に踏み切った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.