天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

札幌―新千歳空港間の快速再開/主要都市間の特急は見通し立たず

2018/09/07 18:41

 地震の揺れでゆがんだJR北海道の日高線のレール(JR北海道提供)
 地震の揺れでゆがんだJR北海道の日高線のレール(JR北海道提供)

 JR北海道は7日午後、札幌と新千歳空港を結ぶ快速の運転を再開した。通常は15分間隔だが、車両のやりくりのため30分間隔とした。6日の地震による停電などで全路線の運行を取りやめたが、7日には北海道新幹線の運転を開始。在来線も送電が復旧した区間から順次再開する。ただ主要都市間を結ぶ特急は見通しが立っていない。

 同社によると、千歳線や石勝線、室蘭線、日高線で地震の揺れによるレールのゆがみが計50カ所以上見つかった。札幌市の本社で記者会見した島田修社長は「設備に深刻な被害があれば時間を要するが、貨物列車を含め、できるだけ早く再開したい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.