天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

樹齢400年のブナ折れる、白神/台風21号の影響、観光名所

2018/09/07 17:57

 台風21号の影響で幹が折れた、推定樹齢約400年のブナの木=6日、青森県西目屋村(東北森林管理局津軽森林管理署提供)
 台風21号の影響で幹が折れた、推定樹齢約400年のブナの木=6日、青森県西目屋村(東北森林管理局津軽森林管理署提供)

 東北森林管理局津軽森林管理署は7日、台風21号の影響で、白神山地(青森、秋田両県)にある推定樹齢約400年のブナ(高さ約30メートル)の幹が折れたと発表した。木は青森県側にあり、「マザーツリー」と呼ばれて観光名所になっていた。

 同森林管理署によると、担当者が7日午前10時半ごろ、地上から約9メートルの付近で二股に分かれている幹の一方が折れているのを確認。安全対策として、この木に通じる遊歩道を通行止めにした。

 青森地方気象台によると、木がある付近の深浦町では、台風21号が接近した4日午後11時50分ごろに最大瞬間風速で41メートルを観測した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.