天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

下着盗撮、男性に無罪/福岡地裁、自白信用性否定

2018/09/07 12:56

 携帯電話を女性のワンピースの中に入れ、下着を撮影しようとしたとして、福岡県迷惑行為防止条例違反の罪に問われた無職の男性被告(44)の判決で、福岡地裁は7日、取調官による誘導の可能性を指摘し「盗撮したとする自白は信用できない」として無罪を言い渡した。求刑は罰金40万円だった。

 判決理由で松村一成裁判官は、撮影された動画は手ぶれが激しく、対象がはっきり映っていないと指摘。「確実に下着が映るように、携帯電話をスカート内に約5秒間差し入れた」とする男性の自白内容と、動画が整合しないと述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.