天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

3D銃所持容疑で再逮捕、名古屋/爆薬製造事件の大学生

2018/09/07 12:48

 押収された3Dプリンター=7日午後、名古屋・名東署
 押収された3Dプリンター=7日午後、名古屋・名東署

 爆薬「TATP(過酸化アセトン)」を製造したとして、名古屋市緑区の大学1年の少年(19)が逮捕された事件で、愛知県警は7日、3Dプリンターで製造したとみられる樹脂製の拳銃を所持したとして、銃刀法違反の疑いで少年を再逮捕し、名東署に捜査本部を設置した。

 再逮捕容疑は、8月20日、自宅で拳銃1丁を所持した疑い。

 県警は自宅の捜索で爆薬の材料になる薬品類などと共に、3Dプリンターと拳銃の形をした樹脂の塊を発見。発火装置の一部や銃口などが不完全な状態だったが、鑑定した結果、殺傷能力があることが分かった。

 県警は8月、少年をTATPを製造したとして逮捕していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.