天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

待機児童6千人の大幅減/10年ぶり2万人下回る

2018/09/07 11:18

 厚生労働省は7日、希望しても認可保育所などに入れない待機児童が、今年4月時点で昨年より6186人少ない1万9895人だったと発表した。保育所などの施設整備が進んだため大幅に減少し、10年ぶりに2万人を下回った。政府が目標に掲げる「2020年度末までに待機児童ゼロ」へ一歩近づいた形だ。

 前年比で減少したのは4年ぶり。ただ来年10月からの保育無償化で利用希望者がさらに増える可能性があり、目標を達成できるかどうか予断を許さない状況だ。

 待機児童が最も多かったのは、兵庫県明石市の571人。岡山市が551人で続いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.