天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

日本列島、9日にかけ大雨の恐れ/前線影響、土砂災害警戒を

2018/09/07 09:44

 西日本から東日本では9日にかけて、前線の影響で局地的に雷を伴った大雨になる恐れがある。気象庁は7日、土砂災害や浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。北海道も天候が崩れ、地震の揺れが強かった地域などで土砂災害への注意が必要だ。

 気象庁によると、前線が9日にかけて西日本から東日本に停滞する。前線に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる見込み。

 8日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で四国200ミリ、東海180ミリ、甲信150ミリ、北陸120ミリ、近畿100ミリ、北海道70ミリ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.