天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

広島対阪神戦を大声で中断/威力業務妨害容疑で男逮捕

2018/09/07 00:51

 プロ野球広島カープと阪神タイガースの公式戦で大声を張り上げ、試合を一時中断させたとして、広島南署は6日、威力業務妨害の疑いで、岡山県笠岡市笠岡の自営業の男(65)を現行犯逮捕した。

 同署によると、男は当時酒に酔っていたといい、「自分がしたことに間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は6日午後7時50分ごろ、広島市南区のマツダスタジアムで、試合中に大声を上げ、試合の運営を妨げた疑い。

 試合は広島が3―13で阪神に敗れた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.