天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

復興補助金詐欺で無罪主張/元会社役員、福島地裁

2018/09/06 21:51

 東京電力福島第1原発事故からの復興を目的とした企業立地補助金など計約11億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元塗料販売会社役員内藤修被告(71)=静岡県沼津市=は6日、福島地裁(柴田雅司裁判長)で開かれた初公判で「詐欺はしていない」と無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、内藤被告は、古谷庄悟被告(52)=詐欺罪で公判中=が東京都内で経営していた印刷関連会社「ルキオ」宛てにプリンター設備などの取得費用を水増しした領収書を作成。古谷被告はこれらの書類を福島県や同県南相馬市に提出して、補助金の交付申請をしたと指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.