天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

愛知、高齢者事故抑止へ有識者委/県警が全国初の取り組み

2018/09/06 18:53

 愛知県警本部で開かれた有識者委の初会合で、あいさつする県警の石川智之交通部長(中央)=6日
 愛知県警本部で開かれた有識者委の初会合で、あいさつする県警の石川智之交通部長(中央)=6日

 交通事故死者の半数を占める高齢者を守ろうと、愛知県警は6日、高齢者向けの安全対策や支援策をまとめた「グランドデザイン」を検討する有識者委員会を設置し、県警本部で初会合を開いた。高齢化の進行を見据えた全国初の取り組みで、来年3月までに報告書を取りまとめる。

 県警交通総務課によると、愛知県は15年連続で交通事故死者数が全国ワースト。死者に占める65歳以上の高齢者の割合は、2017年が200人中110人(55%)で、18年8月末時点でも125人中69人(55・2%)と深刻な状況が続いている。県の高齢化率は現在の約25%から40年までに約30%へ上昇するという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.