天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

阪神大震災以降最大の停電/関電社長が謝罪

2018/09/05 12:24

 関西電力の岩根茂樹社長は5日、大阪市内で記者会見を開き、台風21号の影響で発生した停電は1995年の阪神大震災以降で最大規模だったと述べ、「多くのお客さまにご不便とご迷惑をお掛けしている。誠に申し訳ない」と謝罪した。5日午前9時現在、計約57万5千戸で電気が通っていない。

 関電によると、福井、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の2府6県で停電が発生。最も多かったのは4日午後9時時点で計約170万戸だった。

 少なくとも369本の電柱が強風で倒れた樹木との接触で折れるなどした。ほかの電力会社からの応援を受けるなどして8千人超の態勢で復旧に当たる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.