天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

青森の漁協、9300万円請求へ/日米両国に、米軍タンク投棄で

2018/09/03 12:25

 米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機が2月に燃料タンクを同県の小川原湖に投棄した問題で、シジミ漁などを一時休業した地元漁協が、日米両国に9323万円の損害賠償を求める方針を固めたことが3日、分かった。防衛省は、漁協側からの損害賠償請求書を基に金額の妥当性を精査する。

 東北防衛局によると、賠償請求に加わる組合員は180人以上。日米地位協定に基づき、米国が75%、日本が25%の負担割合になるとみられる。

 F16戦闘機は2月20日にエンジン火災のため燃料タンクを投棄し、漁協は全面禁漁に追い込まれた。投棄から約1カ月後の3月22日に漁が再開された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.