天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

紀伊半島豪雨から7年で慰霊/新宮市長ら献花、和歌山

2018/09/03 10:21

 紀伊半島豪雨から7年となり、慰霊碑前で手を合わせる和歌山県新宮市の田岡実千年市長=3日午前、和歌山県新宮市
 紀伊半島豪雨から7年となり、慰霊碑前で手を合わせる和歌山県新宮市の田岡実千年市長=3日午前、和歌山県新宮市

 和歌山、奈良、三重の3県で死者・行方不明者が88人に上った2011年の紀伊半島豪雨から7年となり、和歌山県新宮市で3日、田岡実千年市長らが慰霊碑に献花し、犠牲者を悼んだ。

 新宮市では13人が死亡、1人が行方不明となった。慰霊碑は当時氾濫した熊野川沿いの道の駅にあり、同市議や市職員ら約25人が花を手向けた。田岡市長は「慰霊碑の前に立つと、自然災害の怖さを改めて感じる。台風21号が接近しているが、一人の犠牲者も出さぬよう最大限の備えをしたい」と語った。

 死者・行方不明者29人を出した和歌山県那智勝浦町は慰霊祭を4日に予定していたが、台風の接近で延期した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.