天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

ケフィア被害対策弁護団が説明会/債権者破産で返金目指す

2018/09/02 18:52

 「ケフィアグループ被害対策弁護団」の説明会で、方針を説明する弁護団長の紀藤正樹弁護士(右)=2日午前、東京都内
 「ケフィアグループ被害対策弁護団」の説明会で、方針を説明する弁護団長の紀藤正樹弁護士(右)=2日午前、東京都内

 加工食品の「オーナー制度」で多額の現金を集めた通信販売会社「ケフィア事業振興会」が340億円以上の支払いを滞納している問題で、「ケフィアグループ被害対策弁護団」は2日、契約者を集めた説明会を東京都内で開催した。裁判所に債権者破産を申し立て、ケフィア側の資産流出を防ぎ、出資者への返金を目指す方針を示した。

 弁護団は、ケフィア側に約60社あるとみられる関連会社の取引、資金の流れの解明を進める。出資法違反や詐欺に当たる可能性があるとして、刑事告訴も検討している。

 弁護団には47都道府県の約1500人から相談が寄せられ、滞納金額は計約82億円に上る。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.