天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

岐阜のドローン落下、書類送検へ/操縦男性が点検怠ると判断

2018/09/01 12:33

 大垣公園で開かれていたイベントで、バランスを崩し落下するドローン=2017年11月4日、岐阜県大垣市(来場者提供)
 大垣公園で開かれていたイベントで、バランスを崩し落下するドローン=2017年11月4日、岐阜県大垣市(来場者提供)

 岐阜県大垣市の公園で昨年11月、イベント中に小型無人機「ドローン」が落下、来場者が負傷した事故で、岐阜県警は1日、業務上過失傷害と航空法違反容疑で、ドローンを操縦していた会社代表の男性(38)を5日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。

 県警は、男性が点検を怠り、プロペラ部分の不具合を見逃したことから、落下を招いたと判断した。国土交通省によると、操縦者本人や関係者ではない第三者が負傷した初めてのケースだった。

 事故は昨年11月4日午後発生。イベント中に上空から菓子をまいていたドローンが落下し、来場者の3人が軽傷を負った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.