天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細

明石の歩道橋事故、犠牲者追悼/発生から17年、再発防止誓う

2018/07/21 21:15

 事故から17年となり、現場となった歩道橋で犠牲者を追悼する明石市の泉房穂市長(右)=21日夜、兵庫県明石市
 事故から17年となり、現場となった歩道橋で犠牲者を追悼する明石市の泉房穂市長(右)=21日夜、兵庫県明石市

 兵庫県明石市で2001年、歩道橋にいた花火大会の見物客11人が死亡した事故から21日で17年となり、遺族や明石市の泉房穂市長らが現場を訪れ、犠牲者を追悼した。

 歩道橋上にある慰霊碑では、母親=当時(75)=を失った中村浩三さん(71)が手を合わせ「17年たって、どんどんおふくろが亡くなった年齢に近くなっていく。忘れることはできず、もう同じような事故は起こらないようにしてもらいたい」と話した。

 事故は01年7月21日夜、花火大会会場の大蔵海岸と直近のJR朝霧駅を結ぶ歩道橋で発生。殺到した見物客が大規模に転倒して11人が死亡、247人が負傷した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.