天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

展示物の埴輪30個壊される/名古屋市の国指定志段味古墳

2018/02/13 22:09

 墳丘上に展示してあった埴輪の複製品が壊された志段味大塚古墳=10日、名古屋市(同市教育委員会提供)
 墳丘上に展示してあった埴輪の複製品が壊された志段味大塚古墳=10日、名古屋市(同市教育委員会提供)

 名古屋市は13日、国指定史跡の志段味大塚古墳(同市守山区)で、墳丘上に展示してあった埴輪の複製品30個が壊されたと発表した。被害総額は約615万円に上り、市は愛知県警に被害届を提出した。

 市によると、壊されていたのは円筒や水鳥などの形をした埴輪で、大きな物で高さ約85センチ。10日午前9時45分ごろ、見学に訪れた人から連絡があり、職員が確認したところ、展示してある約500個のうち、30個が壊れていた。9日午後に職員が訪れた際は、異常は見られなかったという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.