天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

ICAN事務局長が献花/「長崎を最後の被爆地に」

2018/01/13 12:22

 長崎市の爆心地公園で献花するICANのベアトリス・フィン事務局長(左)と国際運営委員を務める川崎哲さん=13日午前
 長崎市の爆心地公園で献花するICANのベアトリス・フィン事務局長(左)と国際運営委員を務める川崎哲さん=13日午前

 ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は13日、長崎市の爆心地公園を訪れて献花した。原爆資料館で被爆の爪痕を示す写真や品々を見学し、「核兵器が人類にもたらす惨禍を改めて思い知らせてくれる。ここ(長崎)を最後の被爆地にしなければならない」と語った。

 広島、長崎両市などによると、フィンさんが被爆地を訪れるのは初めて。国際運営委員を務める川崎哲さん(49)も同行し、犠牲者を追悼した。

 寒空の下、黒い服に身を包んだ2人は、原爆落下中心地碑にゆっくりと近づき、白い花輪をささげた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.