天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

北九州港でまたヒアリ/40匹、卵は見つからず

2017/10/12 20:22

 北九州市は12日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」約40匹を北九州港で確認したと発表した。全て死んだ働きアリで、女王アリや卵は発見されていないため繁殖の可能性は低いという。同港で9月以降に見つかったヒアリは、計250匹近くとなった。

 市によると、北九州港では9月15日、コンテナ集積場所で7匹を確認。同29日、市と環境省が設けたわなに約200匹が掛かった。今回の約40匹もわなで捕らえた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.