天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

20代の教員割合増、文科省/小中学校で平均年齢低下

2017/09/14 17:00

 全国の国公私立の小中学校、高校で勤務する30歳未満の教員の割合が、2013年度より増加したことが14日、文部科学省の16年度教員統計調査(中間報告)で分かった。平均年齢も小学校で0・6歳、中学校でも0・1歳低下し、近年続いている学校現場の若返り傾向が顕著になった。

 文科省は、1970年代の第2次ベビーブームへの対応で大量採用した教員の定年退職が進み、採用が増えていた若手の割合が増加したと分析。ただ、指導や校務で中心的な役割を担う40代の中堅クラスの割合は低めとなり、年齢構成のいびつさも浮かんだ。

 経験豊富なベテランに業務が集中する懸念も指摘される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.