天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

復興工事でジオパーク破壊、熊本/阿蘇山の溶岩「柱状節理」

2017/09/14 20:15

 立野峡谷の柱状節理=2015年12月撮影、熊本県南阿蘇村(市民団体提供)
 立野峡谷の柱状節理=2015年12月撮影、熊本県南阿蘇村(市民団体提供)

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界ジオパーク」に指定されている熊本県・阿蘇の立野峡谷(南阿蘇村)で、阿蘇山の溶岩でできた「柱状節理」が、国が行う熊本地震の復興工事で壊されていたことが14日、国土交通省熊本復興事務所や県への取材で分かった。

 柱状節理は、溶岩が凝固する際にできる柱状の割れ目で、その景観が魅力となっている。

 熊本復興事務所によると、崩落した阿蘇大橋を架け替えるための工事用道路新設の際、柱状節理を含む岸を削った。県によると、国側から橋を架け替える場所や道路新設工事の説明があり、柱状節理が削られる可能性も認識していたとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.