天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

空襲の犠牲者、新たに判明/大阪・阪南、記録上「被害なし」

2017/08/13 02:00

 太平洋戦争中、空襲の死傷者数が0人とされてきた大阪府阪南市で、小型機の機銃掃射で犠牲者が出ていたことが12日、目撃した男性への取材で分かった。戦後70年以上を経て新事実が明らかになったことに、専門家は「国による空襲の実態調査が進まず、見落とされてきた被害の一例だ」と指摘する。

 男性は阪南市鳥取の元船員辻本久さん(82)。終戦前の1945年夏、海岸近くの自宅から、米軍のものとみられる銀色の小型機2、3機が低空で飛来し、沖合約100メートルにいた船を襲撃するのを見た。その後、修理のため沖に停泊していた木造船の船長の遺体が近所の造船所に運ばれるのを目撃した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.