天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 社会一覧 > 記事詳細
 
 

文科省、教員の勤務管理見直し/長時間労働の解消図る

2017/06/20 02:00

 学校教員の長時間労働の解消を図るため、おろそかになっているとの指摘のある教員の勤務時間をどう管理するか、文部科学省が中教審に改善策の検討を求める方針であることが19日、同省への取材で分かった。松野博一文科相が22日の中教審総会で諮問書を提出する。

 公立学校教員は仕事に創造性が求められ、勤務の内外を切り分けるのは適当ではないとの理由で、時間外手当を支給しない代わりに、本給に一律4%を上乗せする特殊な給与制度で、無制限の時間外勤務を招いている側面があるとされる。中教審が実効性のある改善策を示せるか注目される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.