岡本佳男氏らに日本国際賞/都内で授賞式

2019/04/08 21:32

 

 日本国際賞の授賞式でスピーチする岡本佳男名古屋大特別教授=8日午後、東京都千代田区

 日本国際賞の授賞式でスピーチする岡本佳男名古屋大特別教授=8日午後、東京都千代田区

 国際科学技術財団は8日、2019年の日本国際賞の授賞式を東京都内で開き、岡本佳男名古屋大特別教授(78)らに賞を贈った。医薬品製造に必要な化学物質を効率的に選別する手法を開発したことを評価した。岡本氏は「大変光栄。今回の受賞がこの分野の若手研究者の励みになればうれしい」と述べた。

 式には天皇、皇后両陛下も出席された。4月末に退位する陛下にとって今回が最後の出席。来年は新天皇となった皇太子さまが引き継ぐ。

 受賞者は2人で、もう1人は植物生産を安定させる「不耕起栽培法」を確立し、普及させたインド出身のラタン・ラル米オハイオ州立大特別栄誉教授(74)。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459