米、宇宙から地球の氷変化監視/NASAが衛星打ち上げ

2018/09/16 11:37

 

 海氷や氷床などの変化を観測する人工衛星「ICESat2」のイメージ(NASA提供・共同)

 海氷や氷床などの変化を観測する人工衛星「ICESat2」のイメージ(NASA提供・共同)

 人工衛星「ICESat2」を載せたデルタ2ロケットの打ち上げ=15日、米カリフォルニア州(NASA提供・共同)

 人工衛星「ICESat2」を載せたデルタ2ロケットの打ち上げ=15日、米カリフォルニア州(NASA提供・共同)

 【サンフランシスコ共同】米航空宇宙局(NASA)は15日、宇宙から海氷や氷床などの変化を監視する人工衛星「ICESat(アイスサット)2」を、西部カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地からデルタ2ロケットで打ち上げた。

 この衛星は、レーザーを使って地球上に広がる海氷や氷床、氷河の高さを精密に計測する。結果は、地球温暖化に伴って氷が解ける速度を探る研究などに生かす。

 また、陸上の氷が解けて海に流れれば海面上昇につながるため、氷の観測は海面上昇の進行予測にもつながるとみられる。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459