年内にエルニーニョ発生か/異常気象警戒とWMO

2018/09/11 05:44

 

 【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は10日、南米ペルー沖で海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」が年内に70%の確率で発生する可能性があると発表した。発生した場合、勢力は弱いとみられるが、異常気象をもたらす恐れがあり警戒が必要としている。

 エルニーニョが冬季に発生した場合、日本では暖冬となる傾向がある。

 WMOによると、4月以降、ペルー沖では海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」とエルニーニョのどちらでもない状態が続いていた。しかし11月から来年1月にかけ、海面水温が平均より0・6〜1・2度上昇し、弱いエルニーニョが起こりそうだと予測した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459