厚真町の土砂崩れ、衛星で撮影/JAXA「だいち2号」

2018/09/08 11:51

 

 衛星だいち2号が地震前と地震後に撮影した画像を合成した、北海道厚真町吉野地区周辺。土砂崩壊が起きた森林を赤色で、崩れた土砂や樹木が積もっている部分を水色で示している(JAXA提供)

 衛星だいち2号が地震前と地震後に撮影した画像を合成した、北海道厚真町吉野地区周辺。土砂崩壊が起きた森林を赤色で、崩れた土砂や樹木が積もっている部分を水色で示している(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日までに、6日に起きた北海道の地震を受け、被害の大きかった厚真町付近を陸域観測技術衛星「だいち2号」で撮影した画像を公開した。「非常に広い範囲で多数の土砂崩れが観測された」としている。

 地震発生前の8月23日の画像と、地震後の6日に2回撮影した画像を合成したもの。地形などの変化を色で識別できるようにしている。

 JAXAによると、土砂崩れで森林が崩れ落ちて山肌が出ている部分が赤色で、崩れた土砂や樹木が堆積している部分が水色で示されている。厚真町以外の山間部でも同様の変化が観測されているという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459