民間ロケット打ち上げ延期/機体点検に時間、29日に

2018/04/28 10:35

 

 小型ロケットMOMO2号機の打ち上げ延期を発表する「インターステラテクノロジズ」の稲川貴大社長(右)と堀江貴文さん=28日午前、北海道大樹町

 小型ロケットMOMO2号機の打ち上げ延期を発表する「インターステラテクノロジズ」の稲川貴大社長(右)と堀江貴文さん=28日午前、北海道大樹町

 打ち上げが延期になり引き揚げる見物客=28日午前、北海道大樹町

 打ち上げが延期になり引き揚げる見物客=28日午前、北海道大樹町

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は28日、同町の実験場で同日昼に予定していた自社開発の小型ロケットMOMO(モモ)2号機の打ち上げを29日に延期すると発表した。順調なら午前5〜8時に打ち上げる。

 インターステラ社によると、機体を格納庫から出す前のさまざまな点検に時間がかかったことが原因。機体にトラブルはないという。打ち上げ時間帯は28日の夕方にも確保していたが、風が強いと見込まれるため見送った。稲川貴大社長は「万全の状態にしたいため延期した」と話した。

 モモ2号機は宇宙空間とされる高度100キロ以上への飛行を目指している。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459