長良隕石の落下、目撃か/岐阜の女性、44年に火の玉

2018/04/05 18:12

 

 「長良隕石」と命名された「鉄隕石」を手にする発見者の三津村勝征さん=3月1日、岐阜市

 「長良隕石」と命名された「鉄隕石」を手にする発見者の三津村勝征さん=3月1日、岐阜市

 「長良隕石」と命名された「鉄隕石」が見つかった岐阜市の長良川付近の上空で太平洋戦争末期の1944年秋、当時16歳だった女性が「火の玉を見た」と証言していることが5日、分かった。

 長良隕石は2012年に近くの男性(74)が畑で偶然拾った。畑から数百メートル離れた空き地でも、似た石が見つかっている。隕石に詳しい岐阜聖徳学園大の川上紳一教授は「女性の話と2カ所の発見場所の位置関係はぴたりと合う。隕石は74年前に落ちた可能性が高い」と話し、目撃情報の収集や周辺の調査を進める。

 川上教授によると、火の玉を目撃したのは岐阜県内の女性(90)だという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459