福島第1原発作業、3日に再開/凍土遮水壁工事に遅れも

2015/02/02 19:17

 

 東京電力は2日、福島第1、第2原発で作業員の死亡事故が相次いだ問題で、安全点検のために中断していた第1原発の作業を3日に再開すると発表した。作業が中断していた影響で、汚染水対策の柱となる「凍土遮水壁」の工事が半月から1カ月程度遅れるとの見通しも示した。当初は3月の凍結開始を予定していた。

 第1原発では死亡事故を受け、原子炉への注水や汚染水処理などを除いた作業が1月20日から中断していた。第2原発では既に作業を再開している。

 第1原発では1月19日、男性作業員がタンクの点検作業中に天板部から落下し、翌20日に死亡。第2原発でも20日、作業員が死亡した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459