H2B打ち上げ事業を民営化/三菱重工に

2012/09/26 21:21

 

 宇宙航空研究開発機構は26日、H2Bロケットの打ち上げ事業を民営化し、三菱重工業に移管したと発表した。2013年度に予定されている次回の打ち上げから三菱重工が担う。

 今年7月に3回目の打ち上げに成功し、技術を確立したと判断できることから、移管した。宇宙機構は今後、13年度からの運用を目指す新型ロケット「イプシロン」などの開発に力を入れる。

 H2Bは、H2Aロケットの打ち上げ能力を高めたもので、国際宇宙ステーションへ無人補給機を送るために開発された。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459