岩手・釜石で海中調査船が進水/がれき影響調査に利用

2011/08/31 18:48

 

 海中の環境調査用の船「鷹巣丸」を進水させる関係者=31日午後、岩手県釜石市の平田漁港

 海中の環境調査用の船「鷹巣丸」を進水させる関係者=31日午後、岩手県釜石市の平田漁港

 岩手県釜石市で31日、海中の環境を調査するために使う県水産技術センターの船「鷹巣丸」(0・4トン)の進水式があった。センターが所有する船2隻は津波で流失したため、東京海洋大海洋科学部OB会の社団法人「楽水会」(東京)が寄贈した。がれきによる水質変化などの把握で活躍が期待される。

 鷹巣丸は6人乗りで、長さ約5メートル。午後2時ごろ、センターの井ノ口伸幸所長が「水質調査や養殖の生物調査で有効に使い、データは漁業復興に役立てたい」とあいさつ。

 鷹巣丸は神奈川県で使われなくなっていた漁船を楽水会が塗装し、新しいエンジンを付けた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459