天気予報を見る
 
新聞購読申込

AI人材育成、25年までに整備/大学入試や教育を改革

2019/04/17 20:55

 政府は17日、人工知能(AI)やデータ処理などに強い人材の育成枠組みを2025年までに整備することを決めた。大学の入試や教育の改革などを通じ、全国で年50万人がAIの基礎的知識を学べるようにする。18日の総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)で示す。

 AI人材育成では、医療や農業、防災など多様な分野で年25万人を育成する計画を政府で検討中。大学や高校、小中学校にも裾野を広げる。

 コンピューターのプログラムなどを学ぶ授業「情報1」を高校に導入した上で大学入試にも取り入れたり、大学での専門分野とAIを組み合わせたりすることも考えられている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.