天気予報を見る
 
新聞購読申込

新車のCO2排出37%超削減/EU法令、30年から

2019/04/16 03:23

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)で15日、域内で2030年以降販売される新車の二酸化炭素(CO2)排出量を21年目標と比べ、乗用車で37・5%、ワゴン車で31%削減する法令が成立した。加盟国で構成する閣僚理事会が同日、法案を承認し、立法手続きを事実上終えた。法令は来月発効の見通し。

 法令は中間目標として、25年から両車種のCO2を15%削減することも規定。メーカー側は電気自動車(EV)などCO2の出ない車の普及を急ぐ。

 ただ欧州自動車工業会(本部ブリュッセル)は、37%超の大幅な排出削減は現在の技術水準からみて「非現実的」だと訴えている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.