天気予報を見る
 
新聞購読申込

スパコン「ポスト京」の製造開始/富士通、理研と共同開発

2019/04/15 20:04

 富士通は15日、スーパーコンピューター「京」の後継機の設計を完了し、製造を開始したと発表した。現行機の100倍の計算速度を目指す後継機は「ポスト京」と呼ばれ、理化学研究所と共同で開発を進めている。早ければ2021年にも運用を始める。

 子会社の富士通ITプロダクツ(石川県かほく市)が製造を担当。完成後は、理研の計算科学研究センター(神戸市)に設置する。富士通と理研は14年にポスト京の設計業務を始めていた。新薬開発や防災分野などへの応用が期待されている。

 現行の「京」は、スパコンの計算速度を競うランキングで世界1位を獲得した実績を持つ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.