天気予報を見る
 
新聞購読申込

米で世界最長翼機が初飛行/宇宙ベンチャー

2019/04/14 15:19

 試験飛行する巨大航空機「ストラトローンチ」=13日、米カリフォルニア州モハーベ(ロイター=共同)
 試験飛行する巨大航空機「ストラトローンチ」=13日、米カリフォルニア州モハーベ(ロイター=共同)

 離陸する巨大航空機「ストラトローンチ」=13日、米カリフォルニア州モハーベ(ロイター=共同)
 離陸する巨大航空機「ストラトローンチ」=13日、米カリフォルニア州モハーベ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米宇宙ベンチャー、ストラトローンチ・システムズは13日、左右に広がる翼が117メートルで世界最長という巨大航空機「ストラトローンチ」の初飛行に成功したと発表した。航空機の翼に宇宙ロケットを付けて飛び、上空で発射する構想の実現に向けて前進した。

 ストラトローンチは13日午前6時58分(米西部時間)に離陸し、カリフォルニア州のモハーベ砂漠上空を約2時間半飛行。最高速度は時速189マイル(約300キロ)、最高高度は1万7千フィート(約5千メートル)に達したという。

 ストラトローンチはボーイング747に使われるエンジン6基を備えた双胴機。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.