天気予報を見る
 
新聞購読申込

遠方からの通院交通費を追加支援/甲状腺がん子ども基金

2019/04/11 15:45

 東京電力福島第1原発事故後に甲状腺がんと診断された子どもの療養費を支援するNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(東京)は11日、地元を離れて遠方から病院に通う人のため、本年度から通院交通費を追加支援すると発表した。事故から8年が過ぎて進学や就職などで転居した人も多く、長距離通院の負担を軽減する目的。

 給付対象は、事故当時に福島など1都15県に住み、その後、甲状腺がんと診断された子ども。これまで療養費10万円などだったが、新たに交通費として年間上限5万円の実費給付を設けた。

 甲状腺がんの手術後は経過観察などでおおむね2、3カ月に1回通院するという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.