天気予報を見る
 
新聞購読申込

原発再稼働問う投票条例案を否決/宮城県議会、女川2号機巡り

2019/03/15 18:55

 宮城県議会は15日の本会議で、東北電力女川原発2号機(同県)の再稼働の是非を問う県民投票条例案を賛成少数で否決した。議会で過半数を占める自民党や公明党会派の県議が「再稼働に賛成か反対かの二者択一の投票方式では、幅広い意思を的確に把握できない」などと反対した。

 討論では「投票結果次第で住民の分断を招く」(自民党)、「県民は再稼働の是非を村井嘉浩知事や議会に全権委任していない」(旧民進党系)などの意見が出た。

 条例制定を直接請求した住民団体の多々良哲代表は「県民の意思表示の機会を奪った以上、再稼働の判断の際、村井知事や県議会には重い説明責任がある」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.