天気予報を見る
 
新聞購読申込

プラごみ作業部会は見送り、国連/環境総会、米配慮で妥協

2019/03/14 19:31

 【ナイロビ共同】ナイロビで開催中の国連環境総会で、海のプラスチックごみとマイクロプラスチック汚染に関する決議の内容に各国が合意したことが14日、分かった。国連環境計画(UNEP)内に情報共有や啓発のためのプラットフォームをつくるとする一方、より具体的な汚染削減対策を議論する作業部会の設置は見送った。

 決議は日本やノルウェーなどが提案したが主要部分に米国が強く反対し、新規の取り組みに乏しい内容で妥協した。環境保護団体は「海のプラスチック汚染が深刻化していることを考えれば、内容は極めて不十分だ」と批判している。会期末の15日に正式採択する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.